インスタ映えとは? インスタ映えとは、10〜20代の若者を中心に人気を誇るSNS「Instagram(インスタグラム)」に投稿された「映える」写真や動画を指す。 沖縄の出会いスポットを紹介!沖縄では那覇市を中心に、石垣島や宮古島の離島、出会いのある飲食店やクラブ、レジャースポットなどを紹介していきます。東京の出会いから始まり全国の出会いスポットシリーズも終盤です! 観光スポット. 日本の観光スポットを探すならretripで。このページには「日本 × 観光スポット」に関するまとめ記事、スポットが掲載されています。「日本」「観光スポット」に関するスポットを人気順でご覧いただけま … 沖縄の王道観光地や穴場スポットを一挙ご紹介!大人から子供まで楽しめる首里城や美ら海水族館などの定番をはじめ、穴場スポットや絶景が見られる離島までをエリア別にまとめました! ベストシーズンをはじめや冬まで楽しめる沖縄観光をご紹介するので、参考にしてみてください♪ / 人, 約5~6時間|13,000円(税込) 沖縄本島最南部の糸満市にある「琉球ガラス村」は、オリジナルのグラス作りを気軽に体験できるスポットとして人気を集めています。 ガラス職人になりきって、めったに経験できない「型吹き」や「飲み口の仕上げ」に挑戦してみましょう。 沖縄は観光地としても人気ですが、パワースポットもたくさんあり、観光の際に訪れる人がたくさんいます。沖縄ならではのパワースポットもありますので、ぜひ訪れてみてください。恋愛運・金運・健康運など運勢別に紹介します。 沖縄旅行におすすめの人気有名観光スポット紹介!定番の美ら海水族館や地元民だけが知る、ディープな穴場スポット、人気急上昇中のハートロック、青の洞窟、ウミカジテラス等へ実際行ってみた感想とその観光スポットへの行き方をナビガイドしています。 沖縄観光で南国リゾート満喫!エリア別おすすめスポット40選! 美ら海水族館や国際通り、首里城などの人気スポットから穴場まで、沖縄本島を中心に南部、中部、北部のおすすめ観光地をエリア別にご紹介! 沖縄県(日本)で観光するならトリップアドバイザーで口コミ、写真、ランキングをチェック!沖縄県にある2,391 件の観光名所を、371,898 件の口コミ、写真を地図と共にご紹介しています。 沖縄は何といっても青い海ですが、島々に渡って観光するのも良いです。本州の季節と違うのも沖縄の魅力です。 まとめ. 那覇市以南の沖縄本島南部は真っ青な海と豊かな自然に抱かれたエリア。聖地に絶景、美景ビーチと、沖縄の旅を満喫できる魅力的スポットが満載で、ドライブスポットとしても人気上昇中。そんな南部エリアでおすすめの観光スポットを、現地在住のガイドが厳選してご紹介します。 1.沖縄観光のマストスポット「首里城公園」那覇市内の観光で必ず訪れたいのが「首里城」。平成4(1992)年に復元され、「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の構成史跡として世界遺産に指定されました。色鮮やかな朱塗りの城郭は沖縄の強い日差しに照ら 今回は2020年の初詣で訪れたい『沖縄県内のおすすめ参拝スポット』を17箇所ご紹介しています。 「各スポットの有名なご利益」や「駐車場・参拝者数・初日の出が見られるかなどの特徴」を詳しくまとめていますので、毎年どこへ初詣に行こうか迷っている方々の参考になれば幸いです。 沖縄北部には美ら海水族館をはじめとした有名観光スポットのほか、大自然が残る「やんばる」と呼ばれるエリアなど見どころが満載です。そんな沖縄北部の定番から穴場観光地・人気レジャースポットなどをご紹介します。これから沖縄旅行に行かれる方は参考にしてみてください。 沖縄観光の楽しみ方を“体験”を軸に紹介。2度目、3度目の沖縄旅行で感じたい体験を、現地に住む「ローカル案内役」が10の分野から徹底ガイドします。現地の人だから知っている沖縄観光の新しい楽しみ方、ありきたりではない“最高”に楽しめる観光情報だけをお届け。 沖縄でおすすめの観光スポット3026ヶ所をセレクト!おすすめの石垣島 ADVENTURE PiPiや青の洞窟と沖縄ダイビングのVoicePlusなどを口コミランキングでご紹介。沖縄周辺で観光スポットを探すなら … 美ら海水族館や国際通り、首里城などの人気スポットから穴場まで、沖縄本島を中心に南部、中部、北部のおすすめ観光地をエリア別にご紹介!透明度抜群のビーチや世界遺産、テーマパークなど気になる場所をチェックして観光を楽しもう! 沖縄県で人気の観光スポットをランキング形式でご紹介!旅行者のクチコミをもとに沖縄県の観光スポットが探せます。最新の観光スポット情報は日本最大級の旅行クチコミサイト フォートラベルで … どこまでも澄んだ海と、抜けるような青空のもとに流れるゆるやかな時間――旅人を非日常の世界へと導く南国の楽園・沖縄へ、この機会に旅に出かけてみませんか?本島から離島まで、沖縄を訪れたなら、ぜひとも立ち寄ってもらいたい編集部選りすぐりのスポットを、おすすめの楽しみ方とともにご紹介します。本島22カ所に加え、8つの離島も網羅。これだけおさえておけば、ロングバカンスも完璧です!※本記事の情報は取材時点のものです。最新情報は直接施設にお問い合わせください。, 「おきなわワールド」で美しい鍾乳洞やトロピカルフルーツ、琉球文化体験を満喫しよう!, 学びや刺激・感動のある旅サイト「ぐるたび」の編集部。選りすぐりの旅グルメ&観光情報レポートを発信していきます。, 約4~5時間|14,000円(税込) 沖縄の穴場スポットをご紹介!何度でもリピートしたくなる国内旅行といえば、沖縄ですよね。今回は「沖縄は行き尽くした」なんて人も新たな沖縄の魅力に気づくことができるかもしれまない、沖縄の穴場スポットをご紹介します。 ¥è¦³å…‰èª²ï¼‰, ユニバーサル・スタジオ・ジャパン. 家族で楽しめる沖縄の人気観光スポットをご紹介。 沖縄ならではのグルメスポットに水族館、お買い物スポットなど盛りだくさん。 自然溢れる離島でのんびり過ごすのもおすすめ。 冬休みの家族旅行に沖縄を訪れてみては? 初めての沖縄旅行。そのような方から良く聞かれる質問、それは、どこがおすすめなの?ということです。ということで、沖縄初心者の方を想定して、おすすめの沖縄旅行スポットを厳選してご紹介いたし … / 人, 約2時間|8,500円(税込) 若者に人気なスポットの社内旅行5選をご紹介しました。幹事になっても、自分も社内旅行を楽しみたいものです。 沖縄本島で一度は見たい!絶景スポット10選. 沖縄の歴史や豊かな自然を感じられるスポットや、人気のショッピングスポットなど観光名所が目白押しです。 那覇市の中心部「国際通り」 国際通りは、那覇空港から車で約15分、那覇市の中心部にある約1.6km続くメインストリートです。 北部(恩納村・金武町以北) 南北に細長い沖縄本島の北に位置し、中南部に比べると自然が多く残っているのが特徴です。 沖縄の自然を満喫するなら本島・北部は要チェックですよ! 1.マングローブジャングルをシーカヤックで探検(東村・慶佐次) 見る:★★★ 遊ぶ:★★★ / 人, 約2時間|4,500円(税込) 北谷町美浜にある、若者や観光客に大人気のおすすめスポット美浜アメリカンビレッジ。サンセットビーチ有り、デポアイランドでショッピングもGood、グルメ等なんでも楽しめちゃいます。沖縄観光におすすめの美浜アメリカンビレッジ 沖縄有数のサンセットスポットとして人気のビーチです。 米軍基地が近いのでアメリカ人の海水浴客も多く、異国情緒に溢れています。 周辺には映画館や観覧車、大型ショッピングセンター、マリンレジャー、宿泊施設も充実。 沖縄には景勝地が点在しており様々な絶景を楽しめますが、実は夜景スポットも目白押しです。ここでは沖縄の夜景スポットを厳選してご紹介します。米軍基地のオレンジ色の夜景、市街地の煌びやかな夜景など定番から穴場まで10箇所のスポットをチェックして、沖縄の夜景を楽しみましょう。 いま沖縄には、本土や海外発祥の飲食店がたくさん進出中。そんな沖縄に上陸している人気グルメをジャンルごとに分けてまとめました。行列必至の人気グルメのお店も、沖縄ならまだそこまで並ぶことなく利用できる!運がよければ待ち時間ゼロなんてことも! 今回は、沖縄県で人気の釣りスポットをご紹介します。沖縄近海では、鮮やかな青色の"イラブチャー"や、釣り上げると体が赤くなる"グルクン"など、色とりどりの魚が泳いでいます。色彩豊かな南国の海で、のんびりとフィッシングを楽しんでみませんか? 日本の人気リゾート観光地・沖縄県。海でアクティブにマリンスポーツを楽しむ旅行もいいですが、沖縄の街を散策しながらショッピングを楽しむ観光も素敵ですよね!今回は沖縄で買い物を楽しみたい方におすすめな、人気のショッピングスポットのランキングをご紹介します! 那覇市観光の口コミを集めました!那覇市のグルメ、首里城などの観光スポット、季節ごとのイベント、那覇市観光のモデルコース、人気スポットを一挙公開!那覇市のホテル、入場券、レストラン予約はトリップアドバイザーで一括管理! 女子旅のメッカといえばやはり人気は沖縄。昨今は定番の観光スポット以外にもsnsで映えるフォトジェニックなスポットが注目を集めています。その中でもインスタ女子にオススメスポットを厳選してご紹介!南国で上がったテンションそのままにsnsにアップして「いいね! / 人, 8時間以上|13,000円(税込) 日本屈指のリゾート地・沖縄。真っ青な海に、どこまでも広がる空が最高の観光スポットです。その中でも沖縄本島北部は沖縄美ら海水族館をはじめとして、沖縄の自然を堪能したり、歴史的な遺跡があったりとその魅力を十分に感じられるスポットが満載! 沖縄シュノーケリング 沖縄のマリンアクティビティの中で一番人気は「シュノーケリング」。水中メガネ・シュノーケル(水中に顔をつけたまま呼吸ができるゴーグルの事)とフィン(足ひれ)などの器具を付けて水面に浮かんだ状態で海中の世界を楽しむ事のできるアクティビティです。 沖縄の観光名所・人気スポット「ウミカジテラス」瀬長島 「ウミカジテラス」は、瀬長島にある商業施設。那覇空港から車で15分。Made in OKINAWAのグルメ・スイーツショップやクラフトショップなど50店舗ほどが並ぶ、若者に人気のスポットです。 沖縄県中部に位置する北谷は、まるで海外に来たかのような雰囲気が楽しめる町。今回は、そんな北谷に訪れたら絶対外せない厳選8スポットをご紹介。 多くの人の想像よりもずっと大きい沖縄本島は起伏に富んだ地形で、美しいビーチはもちろん、荒々しい断崖絶壁、マイナスイオンたっぷりの山や滝など様々な景色にあふれます。 / 人, 那覇空港から車で約15分とアクセスの良い「国際通り」は、戦後、県下でいち早く復興を遂げたことや通りの長さがほぼ1マイル(約1.6km)であることから、別名「奇跡の1マイル」とも呼ばれる那覇最大の繁華街です。, 沖縄テイストあふれる飲食店や土産物屋などが並び、街歩きや買い物が楽しめる定番の観光スポットですが、今注目を集めているのは裏通り。昔ながらの商店をはじめ、若手作家の沖縄クラフト作品を扱う雑貨店や地産地消にこだわるカフェなど、ここでしか出合えない逸品が勢ぞろいです。通りごとにそれぞれ特徴があるので、ぜひ実際に歩いてその違いを感じてみてください。, 1429(正長2)年から1879(明治12)年までの450年間にわたり存在した琉球王国において、政治・外交・文化の中心として栄華を誇った首里城。中国と日本の築城文化を融合した独特の建築様式をはじめ、石組み技術などには文化的・歴史的に高い価値があると評価され、2000年に世界文化遺産に登録されました。, 美ら海水族館から車で約40分。ぜひとも周ってみたいスポットがあります。これぞ沖縄!という青い海と白い砂浜からなる、周囲約8kmの小さな離島「古宇利島(こうりじま)」です。, 離島というと船で渡るイメージがありますが、古宇利島へは古宇利大橋を渡って車で行くことができます。この古宇利大橋から見る海は大絶景で、あちこちで「おお~」「きれーい!」などの歓声が響きます。, 沖縄の伝統舞踊「エイサー」を観るなら、恩納村(おんなそん)にある「琉球村」で決まりです。, 踊りを堪能した後は、古民家の見学へ。沖縄各地より移築された琉球古民家は、実際に中に入って、当時の生活を垣間見ることができます。紅型(びんがた)や琉球藍染め、オリジナルシーサーの色つけ体験などもできるので、旅の思い出にチャレンジしてみてはいかがでしょう。, せっかく沖縄に来たのに雨……そんな経験をされたことはありませんか?那覇空港から車で南へ約30分の「おきなわワールド」は、台風シーズンでも安心して楽しめる観光施設です。, 鍾乳洞以外にも、世界のシーサーコレクションやハブのショー、沖縄の地ビールやハブ酒を味わえる南都酒造所など、雨の日でもたっぷり楽しめますよ!, 玉泉洞のほど近く、「ガンガラーの谷」は、数十万年前までは鍾乳洞だった場所が崩れてできた、亜熱帯の森です。, 1975(昭和50)年に開催された国際海洋博覧会を機に、サンゴ礁の広がる美しい海岸線などが注目され、一大リゾートとして発展してきた恩納村。この村にある真栄田岬(まえだみさき)は、ダイビングとシュノーケルの大人気スポットです。, 真栄田岬から車で約20分。恩納村にある一番の景勝地といえばここ「万座毛」です。隆起した珊瑚岩からなる高さ約20mの絶壁に、象の鼻のような形をした岩が有名ですね。, 本島北部に行くなら、ぜひ出会いたいのがここにしか生息していないという国の天然記念物「ヤンバルクイナ」。国頭村(くにがみそん)にある「クイナの森」には、野生でもなかなかお目にかかれないヤンバルクイナが生態展示されています。, 亜熱帯の森「ガンガラーの谷」方面に行くなら、こちらもおすすめ。沖縄本島中部・うるま市の石川高原に広がる「ビオスの丘」は、亜熱帯特有の植物や「らん」の花を観察することができる自然植物園です。, 斎場御嶽(せいふぁーうたき)は、世界遺産にも登録され、沖縄の中でも代表的な聖地。那覇中心から車で50分ほどの南城市に位置しています。, ドライブしながらエメラルドブルーの海が見たい!そんな欲求を叶えてくれるのが、「ビオスの丘」から車で40分ほど、うるま市にある「海中道路」。海中道路は、平安座島(へんざじま)、浜比嘉島(はまひがじま)、宮城島(みやぎじま)、伊計島(いけいじま)の4つの島へ渡ることができる全長約5kmの橋です。, 海中道路を渡って行くことができる一番奥の伊計島は、のどかな離島情緒あふれる小島です。, 那覇空港から北へ車で約1時間半。自然の海岸が多く残されている読谷村(よみたんそん)の代表的な景勝地「残波岬(ざんぱみさき)」があります。沖縄本島最西端と謳われ、本島で夕日が最後に沈む岬とあって、その絶景を一度は見てみたいものですね。, 全国に水族館は数あれど、その迫力とスケールの大きさから絶大な人気を誇るのが、年間371万人以上もの人が訪れる「沖縄美ら海水族館」です。, 一番の人気は、幅35m、奥行27mと世界最大級の大きさを誇るメイン水槽「黒潮の海」。悠然と泳ぐジンベエザメやマンタなど、約70種、1万6000匹もの生き物を見ることができます。正面だけでなく、下から見上げたり、水槽の上から眺めたりと、まるで海の中を泳いでいるような感覚で楽しめるのが人気の秘密。リピーターが多いのも納得ですね。, 「美ら海水族館」の名前があまりにも有名ですが、実は、水族館のある「海洋博公園」も見どころたっぷりのスポット。イルカのオキちゃんとその仲間たちのショーをはじめ、ウミガメやマナティーを間近で、しかも無料で見ることができますよ。, 沖縄の新たなリゾート地として、いま最も注目されているのが「瀬長島(せながじま)」です。, 2015年夏にオープンし今や瀬長島の顔ともいえる「ウミカジテラス」も、絶対に立ち寄りたいスポット。沖縄ならではの果物や野菜、地産メニューを中心にしたグルメ・スイーツをはじめ、Made in OKINAWAのジュエリーなど、ここならではの味覚とアイテムに出合えます。, 沖縄でよく飲まれるお酒といえば、泡盛ですね。その泡盛をロックでいただくときにピッタリなのが、涼しげで色鮮やか、少し厚みのある琉球ガラスです。, 「帰る前に沖縄のきれいな海でもうひと泳ぎしたい!」という方は、波の上うみそら公園内にある「波の上ビーチ」へ直行しましょう。, 歴史好きな方には、美ら海水族館と古宇利島の間に位置する「今帰仁城(なきじんぐすく、なきじんじょう)跡」もおすすめ。世界遺産にも登録されている、県内最大級の貴重なグスク(城)です。, 美ら海水族館のある海洋博公園に隣接する備瀬(びせ)地区。約250戸ある住宅を、防風林として常緑樹である「フクギ(福木)」が囲んでいます。約1kmにわたるフクギ並木を抜けると、サンゴが美しい備瀬崎に至ります。水牛車やレンタサイクルもあるので、ひととき静かにのんびり、散策をしてみませんか。, 沖縄の方言で「焼き物」を意味する「やちむん」。もし「国際通り」方面に出かけるなら、沖縄やちむんのふるさとといわれる「壺屋(つぼや)やちむん通り」も外せません。, 沖縄本島最北端の辺戸岬(へどみさき)の手前、南西側にある高さ80mにも及ぶ断崖絶壁が、景勝地「茅打ちバンタ」です(バンタとは崖のこと)。その昔、人がすれ違うこともできないほどの険しい難所だったといいます。, 那覇市民の台所として親しまれる「牧志(まきし)第一公設市場」は、「国際通り」のすぐそば。沖縄近海で獲れる魚介類から沖縄食材の珍しい加工品まで、「沖縄の味」が一堂に揃うスポットです。, いかがですか?沖縄本島を訪れたからには絶対に外せないスポット、おさえていただけたでしょうか。ただ、沖縄の良さは本島だけに収まりません!そう、宮古島や石垣島など、一度は訪れてほしい離島がたくさんあるんです。続いて代表的な8つの島をご紹介します。, 那覇から飛行機で約60分、美しい珊瑚礁の海に囲まれた「宮古島」は、沖縄屈指のマリンレジャーパラダイスです。, “東洋一”と名高い白い砂浜が7kmにわたって続く「与那覇前浜(よなはまえはま)」をはじめ、目を見張るほどの青い海と白い砂浜が各所にあります。昼間はもちろん、夕暮れ時の海がオレンジ色に染め上げられていくさまは息をのむ美しさです。, マングローブ(紅樹林)や天然プラネタリウムとも称される満天の星、さらに「宮古そば」「さとうきび」などの島グルメも充実。シュノーケリングやダイビングで魚とふれあいたいけど、水が怖い!といった方には、海底に沈む海中展望施設を備えた「宮古島海中公園」もおすすめです。, 澄み切った青い海に浮かぶ緑の小島……まるで絵の中の風景を切り取ったかのような「川平湾(かびらわん)」は、石垣島でもっとも美しい景勝地です。, 一日に何度もその色を変える川平湾ですが、とくに澄んだ表情を見せてくれるのが満潮の2時間前後。魚も多く見えやすいので、グラスボートでの海中散歩に出かけましょう。色とりどりの熱帯魚やサンゴの大群に出合うことができますよ。, 潮の流れが速いため遊泳は禁止されていますが、波打ち際を歩いたり、展望台から穏やかな入り江を眺めたり、一日見ていても飽きない海を、いろいろな角度から満喫してください。, 八重山諸島の中心である石垣島から高速船でわずか10分のところにある「竹富島」は、伝統的な琉球民家の集落景観が今なお残る島。その味わいある町並みは、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。, 島の9割がジャングルで覆われ、“東洋のアマゾン”とも呼ばれる「西表島」は、大原港と上原港という2つの港があり、いずれも石垣島からの定期船で約40分で行くことができます。, なぜ、SUPがマングローブ探検に向いているかというと、動力付きの遊覧船だとかき消されてしまう鳥のさえずりまでもがクリアに聞こえたり、ボードに寝そべって、水面ギリギリからサンゴ礁を観察したりと、大自然と一体となる感覚を味わえるから。一度体験したら、ハマってしまうこと間違いなしの感動体験を、ぜひ味わってみてください。, 琉球王朝時代から、琉球列島の中でもっとも美しい島であることから、「球美の島(くみのしま)」とも呼ばれてきた「久米島(くめじま)」は周囲約48kmと、沖縄県内では宮古島に次ぐ5番目に大きな島です。那覇からは飛行機で30分、本島・泊港から1日2便、フェリーも運航されています。, そして、もう一つ、絶対に外せないのが、久米島の東5kmに位置する無人島「ハテの浜」。渡し船から降り立つと、そこに広がるのは360度エメラルドグリーンの海と真っ白な砂浜のみ。この南の島の楽園で過ごすビーチタイムは、一生の思い出となるはずです。, 石垣島から飛行機で30分。日本最西端の「与那国島」は、台湾に近く、八重山諸島のなかでも独特な魅力を持つ島です。, 「果てのウルマ(珊瑚礁)の島」を語源とする「波照間島」は、その名のとおり、美しい珊瑚礁に囲まれた日本最南端の有人島です。, 石垣島から高速船で約25分、八重山諸島のほぼ中央に位置する「小浜島」は、NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」の舞台として一躍有名になった、人口600人弱ののどかな島です。, もう一つ訪れてほしいのが、小浜島で一番高い海抜99mの山、「大岳(うふだき)」。少し階段がきついですが、登りきった展望台からは、トゥマールビーチや島の集落、サンゴ礁の海と八重山諸島の大パノラマを360度楽しめますよ。, 沖縄の魅力がたっぷりつまった厳選30スポットはいかがでしたか。お気に入りは見つかったでしょうか?ぜひ、次の旅の計画にお役立てくださいね。, ※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。, 【2020年版】沖縄の観光スポット30選!旅行するなら絶対に行きたい本島や離島から厳選. 若者に大人気!北谷で絶対行くべき厳選7スポット.