交通事故のほとんどは公道上で発生するイメージがあると思いますが、実はスーパーの駐車場などの私有地内で発生する事故も想像以上に多いのです。 保険金の発生を伴う車両事故のうち、駐車場などの私有地内で発生する事故の割合は約3割ほどになるそうです。 自動車保険の比較や一番安いおすすめな自動車保険 (任意保険・車両保険)の比較や見積もり、無料一括見積もりの詳しい方法や手順、口コミや解約方法、1日保険や等級やランキングまでどこもよりも詳しく解説しています。, この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*), 駐車場や私有地内ので自動車事故の件数は正直多く、事故の3割は駐車場内で発生しています。, 結論から先に書くと自賠責保険は補償の対象外となることが多いですが、任意保険と車両保険では補償されて保険金が支払われます。, まず、駐車場や私有地内での事故は道路ではないので「自賠責保険」では補償の対象外です。しかし大型のショッピングモールの駐車場などの不特定多数の車や人出入りしている場所であれば例外的に道路交通法が適用されることが多いです。, 「任意保険」は駐車場や私有地内であっても物損事故、人身事故とも車両保険や任意保険の補償の適用内なので保険金が支払われます。, そのため車を運転する場合は自動車保険の任意保険や車両保険への加入がとても大事です。, まず自動車保険には大きく分けると車検のある車が強制的に加入している「自賠責保険」と自分で保険会社を選んで保険に加入する「任意保険」と「車両保険」があります。, ただし自賠責保険は基本的には駐車場や私有地内での事故は道路上の事故ではないので補償の対象外となります。もちろん自賠責保険の保証対象となっている人身事故(対人補償)も適用外となります。, しかし、ショッピングモールや大型商業施設などの多くの自動車やバイク、人が行き来する場所は私有地内や駐車場内であっても道路交通法が適用されることが多いです。, 私有地内や駐車場内の事故は基本的には道路ではないので事故をした場合でも「交通事故」として処理をされません。警察に届出をした場合も交通事故として処理されないので「交通事故証明書」は発行されません。, ただし、ショッピングモールや大型商業施設の場合は道路上ではないですが、道路交通法が適用される場合があります。これはケースバイケースです。, そのため私有地内や駐車場内の事故は人身事故であっても自賠責保険の補償の対象外となります。そのため任意保険や車両保険への加入が必須です。, 人身事故の場合は1億円を超える補償となることも多くほとんどの場合は自己破産をします。, 任意保険は自賠責保険と違ってほとんどの場合で私有地内や駐車場内の事故の場合でも補償の対象となり保険金が支払われます。人身事故や対物事故だけでなく自損事故で自分の車を損傷した場合でも保険が適用され保険金を受取ることができます。, 私有地内や駐車場内での人身事故は自賠責保険は補償の対象外となりますが任意保険は私有地内や駐車場内の事故であっても補償されるため保険金が支払われます。, ただし、警察へ届出をしても保険金の請求に必要な「交通事故証明書」が発行されないため代わりに保険会社が用意する「人身事故入手不能理由書」を保険会社に提出する必要があります。「人身事故入手不能理由書」は警察に人身事故の届出を受理してくれなかった場合に保険会社に提出する書類です。, 私有地内や駐車場内での物損事故も人身事故と同じで自賠責保険は補償の対象外となりますが任意保険は私有地内や駐車場内の事故であっても補償されるため保険金が支払われます。, 私有地内や駐車場内での自損事故で自分の車が損傷を受けた場合は自動車保険の車両保険から修理費用を保険会社から支払ってもらえます。, 車両保険から保険金を受け取る場合は当然ながら車両保険に加入しておく必要があります。新車や購入金額が100万円を超える自動車の場合は車両保険をつけておくほうが安心できます。, このように駐車場や私有地内での事故は道路ではないので「自賠責保険」では補償の対象外ですが自動車保険の任意保険や車両保険に加入していた場合は補償されます。, 自動車保険には、多くの保険会社がありますが保険会社によって同じ保険の条件や補償内容であっても保険料は大きく異なりますし、条件によっても保険料は大幅に変わります。, 車両保険をつけていない保険会社の保険料と、車両保険をつけた自動車保険会社の保険料が同じだったり保険料が安くなることも多いのです。, そのため車上荒らしへの対策として、車両保険をつけておくべきです。無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを利用することで、最安で無駄なく車両保険付きの自動車保険に加入したり乗り換えることができます。, 自動車保険をかけたい自動車の車検証と免許証があれば5分ほどで見積もり結果が算出されて返ってくるので算出された複数の自動車保険会社の保険料を比較して納得いく保険会社で契約することで大幅に保険料を節約でき安心して車にのることができます。絶対に利用したほうがいいです。, 無料で使えるので一括見積もりサービスを使わないのはもったいないです。900万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。, 車両保険付きの同じ条件で見積もっているので保険料が安い車両保険付きの保険会社の保険がお得になります。現在加入している自動車保険と全く同じ条件で一度一括見積もりをしてみて、さらに車両保険をつけた場合の見積もりもしてみるといいです。, 何回使っても無料なので上手く使ってもしもの事故の時も補償されるようにしておくことが大事です。, icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる(フリーメールOK), 自動車保険(任意保険)の保険料を簡単に安くして節約する方法は複数の保険会社間で保険料を比較することです。, 現在契約中の任意保険が他の保険会社と比較して高いのか安いのかも無料で調べることができ便利で「保険のプロとして唯一おすすめできるサービス」です。, 見積もりサービスは他にもありますが、こちらはGmailやYahooメールなどの無料のフリーメールアドレスで見積もりができリスクはゼロなのでぜひ使ってみてください。驚くほど保険料が安くできます。, 自動車保険のプロが他社の保険料を調べるのにも使っているサービスで私も愛用しているおすすめのサービスです。, 自動車保険の保険料はほとんどの方が無駄に払っていて保険会社の言われるがままに契約している人は高い保険料を払っています。, しかし、ほぼ確実に保険料を安くできますが気がついていませんし1つの保険会社だけで契約していると本来安く出来る保険料を節約できていません。, 任意保険も車両保険も知識をつけることで同じ条件、補償内容で保険料を大幅に安くすることができます。, 当サイトでは「自動車保険会社選びを失敗してほしくない」「無駄な保険料を削減して楽しく自動車やバイクに乗ってほしい」と思う熱い思いで作成したサイトです。, サイトでの情報配信は初めてで何かと至らない部分もあるかと思いますが、皆様のお役に立てるよう全力で有益な情報を提供していきますのでどうぞ、よろしくお願いいたします。, Sorry, you have Javascript Disabled! 交通事故を起こしてしまった場合には、まずは警察に連絡をするというのは常識ですし、義務でもあります。, それほど大きな事故ではなかった場合であっても、保険の適用を受けるためには警察の発行する「事故証明」が必要ですから、警察への連絡は必須ということになります。, たとえばスーパーの駐車場など、私有地内で交通事故を起こしてしまった場合にはどうなるのでしょうか?. 私有地で身内で起こした事故は任意保険の対人賠償保険でも対物賠償保険でも補償することができないので、できれば車両保険に入っておくことをおすすめします。 「無免許運転をして事故を起こしてしまった」「事故の相手方が無免許運転だった」。これらの場合に、自動車保険では、どのように損害が補償されるのでしょうか。無免許運転による事故と自動車保険の関係を解説します。プロのアドバイスが満載! また、交通事故においては、後にご説明する過失割合が問題となることがあります。 ドライブレコーダーがあれば、解決を早めてくれることもありますが、駐車場事故の場合には、さらに、周囲に監視カメラがないかも確認すべきです。 これらの監視カメラ映像に事故の様子が映っていれば、過失割合を … 賠償責任事故発生からお支払いまでの流れ. 道路外致死傷とは、公の道路以外で発生した人身事故のことです。道路上での事故(交通事故)ではないので道路交通法上の罰則は適用されませんが、被害者に対する不法行為責任や刑事上の責任を負うことがあります。私有地内での事故は道路交通法の適用外道路外 示談交渉サービスのない賠償責任保険における諸手続き・保険金お支払いまでの流れは、以下のとおりとなっております(同サービスのあるご契約の場合、国内の事故については異なる流れとなります)。 交通事故直後の対応についてご紹介します。警察への届出は運転者の義務であるとともに、保険金を請求する際に必要となる「交通事故証明書」の交付のためにも重要です。 See instructions, 保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2021年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。, 東京海上日動、ソニー損保、アクサダイレクト、イーデザイン損保、三井ダイレクト損保、チューリッヒ保険、セゾン自動火災保険、アメリカンホーム・ダイレクト、三井住友海上、セコム損保、そんぽ24、SBI損保、エース損害保険 、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和損保、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、日新火災、富士火災、AIU保険、他多数, 5分ほどで見積もり結果が算出されて返ってくるので算出された複数の自動車保険会社の保険料を比較して納得いく保険会社で契約することで大幅に保険料を節約. 私有地だったら無免許でも運転できると思っている人はいませんか。フォークリフトなど特殊な車の場合は免許がいるのかわからない人もいるでしょう。この記事では、私有地で無免許運転は可能かなどを紹介します。無免許運転について詳しく知りたい人は、ぜひ読んでみてください。 そのうえ、私有地であるため保険会社の言い分に乗せられて、知識のない人は道交法が適用されないと勘違いしてしまう可能性もあります。 事故案件のうち3割が駐車場で起こると言われています。 私有地や駐車場内での「物損事故」の任意保険の補償の詳細. 駐車場の全部が、私有地にあたるわけではありません。 また私有地内での事故は車両保険は適用されます。 ただ、私有地内の物損事故は基本的に保険がおりますが、人身事故は保険がおりないこともあるため気をつけましょう。 任意保険は私有地での事故に対する補償を契約していれば物損事故、人身事故ともに補償の対象となります。 ただし、実際に保険が適用になるかどうかは書類提出後の審査によって決定されます。 私有地内や駐車場内での物損事故も人身事故と同じで自賠責保険は補償の対象外となりますが任意保険は私有地内や駐車場内の事故であっても補償されるため保険金が支払われます。 私有地での自損事故でも交通事故証明書があれば、対物賠償保険や自損事故保険、「一般型の車両保険」などから保険金がおります。 施設のものを壊したときは対物賠償保険、自分がケガをしたときは人身傷害補償保険なども適用になります。 駐車場等の私有地での事故は交通事故扱いにならないため自賠責保険がおりない可能性がある; 任意保険は使えるので人身事故・物損事故・自損事故等は任意保険を使う; 当て逃げについては修理費は自費負担 … 自動車保険の【チューリッヒ】公式サイト。私道のご説明。私道とは、個人や法人が所有する土地の一部に設置された道路上の土地のことをいいます。私道の権利と封鎖・通行権などのトラブルや、路上駐車違反、通行禁止の取締りについてもご説明。 自動車保険の見直しをしたら安くなりました。実は2つの一括見積をしてみたんです!⇒ 自動車保険見積もりしてみました。見やすく比較できるようにエクセルで自動車保険見積もり一覧表を作りました。器物の損害を補償対物事故の損害賠償責任額は、非常に高額になるケースがあります。 駐車場内などの私有地で物損事故を起こした場合ですが、比較的スムーズに「 任意保険が適用される場合が多い 」です。 他人の車両や駐車場内の壁、フェンス、看板などに接触して損害を与えた場合は「 対物賠償保険 」の補償を受けることができます。 現在、約30%の車両事故が駐車場内で起きています。私有地での場合は変わってくるが、駐車場事故のほとんどが交通事故と同じように扱われます。また、駐車場で事故にあったときには、すみやかに負傷者の救護をして、警察や保険会社に連絡しなければなりません。 任意保険の適用にはなることがあります。 事故の状況を保険会社から警察へ問い合わせることもありますので、 警察には必ず届けてください。 参考hp 意外に多い、駐車場など私有地での事故 自動車保険による補償は受けられる? つまり、私有地での事故やトラブルには警察も介入できません。 警察が介入出来ないと、事故証明書も発行されませんので自賠責保険にも請求ができません。 自賠責保険が請求できる場合もある. 私有地で起こった交通事故は「交通事故」にはあたらず、警察も保険金の受け取りに必要な事故証明書を発行しません。 自賠責保険も私有地の事故は対象外であり、駐車場内の交通事故は基本的には警察へ届け出る義務がないことになります。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 交通事故のほとんどは公道上で発生するイメージがあると思いますが、実はスーパーの駐車場などの私有地内で発生する事故も想像以上に多いのです。, 保険金の発生を伴う車両事故のうち、駐車場などの私有地内で発生する事故の割合は約3割ほどになるそうです。, 駐車場などの私有地での事故は、車同士の接触や衝突が最も多く、駐車場内の事故のうちの半分以上を占めています。, 駐車場というのは、公道のようにクルマの進む方向に規則性がありませんので、どうしても個々のクルマの動きがランダムになってしまいます。, 公道上であれば、まずありえないような想定外の車の動きに対応できずに、接触や衝突を起こしてしまうのでしょう。, また、公道上では道路の真ん中を人間が歩いているということはまずありませんが、駐車場の場合には人が歩いているのがあたり前です。, 駐車場を歩いている人間の方も、公道上ではないのだからという安心感もあり、車の動きをそれほど気にしない人も多いようです。, 実際に、駐車場内を走っていて、車の陰から突然人が飛び出してきて肝を冷やした経験のある人も少なくないと思います。, 車の陰から人が飛び出してきたような場合でも、駐車場内を走る車の多くは徐行をしていますから、なんとか対応ができるのが普通です。, しかし、そういったときにパニックになってしまって、アクセルとブレーキを踏み間違ってしまうようなこともあり得ます。, 実際にそのようなケースで、クルマが暴走してしまって悲惨な死亡事故を引き起こしてしまったとう事例もあります。, また、駐車場内で車を運転するドライバーは、駐車スペースを探すことに気を取られていることが多く、車や人が目の前にいることに気づくのが遅れてしまうことも多いようです。, こういったさまざまな理由により、駐車場内での事故は、私たちが想像する以上に多いという結果になっているわけです。, 駐車場などの私有地内での交通事故が、想像以上に多いということはお分かりいただけたかと思います。, 公道上の事故であれば、警察より事故証明を発行してもらうことで、問題なく保険が適用になります。, すべてのクルマに加入が義務付けられている自賠責保険ですが、私有地は公道ではないため道路交通法が適用にならず、人身事故は基本的に補償の対象外としているからです。, しかし実際には、たとえ私有地であったとしても、不特定多数の人やクルマが自由に出入りをする大型商業施設などの駐車場の場合、例外的に道路交通法が適用になるケースも少なくないようです。, そういった場合には、警察から「事故証明」を発行してもらえますから、保険の手続きもスムーズにいくことになります。, 私有地での交通事故の場合、法的には警察への届け出義務はないことになりますが、保険の適用をスムーズに受けるためには警察へ連絡を入れておくべきといえます。, 私有地内で事故を起こしたときの任意保険の取り扱いは、保険の契約内容や状況に応じてケースバイケースの対応になるようです。, 私有地内での交通事故であっても保険が適用になる契約内容であれば「物損事故」「人身事故」ともに適用が可能なようです。, 特に、物損事故の場合には、「対物賠償保険」や「車両保険」によって修理費用などの適用を受けることは、比較的スムーズにいくことが多いようです。, それに対して人身事故の場合ですが、警察によって「事故証明」を発行してもらえるかどうかで、対応が変わってきます。, 先ほども書きましたように、大型の商業施設の駐車場などのように、不特定多数の人やクルマが出入りをする場所の場合、私有地であっても道路交通法が適用になることが多くなっています。, その場合には、保険会社に対して「人身事故証明書入手不能理由書」というものを提出する必要があります。, この「人身事故証明書入手不能理由書」というのは、こちら側で書面を用意したり公的機関から発行してもらうような書類ではなく、保険会社が用意した書類に対して必要事項を記入して提出するだけです。, 私有地内での事故だけではなく、公道上の交通事故であっても、この「人身事故証明書入手不能理由書」が必要になるケースがあります。, 軽微な事故などで、警察が物損事故で済ましてしまったあとに、後日むち打ち症などを発症した場合です。, 事故を起こしてから2週間以内程度であれば、医師の診断書を添えて警察署で手続きをすることで、「物損事故」から「人身事故」に切り替えてもらうことは可能です。, しかし、それ以上の期間が経過してしまったあとに人身事故としての保険を適用してもらうためには、「人身事故証明書入手不能理由書」が必要になるわけです。, 私有地で交通事故を起こしてしまったときに、警察に事故の報告をすることで、違反点数が気になる人もいることでしょう。, 保険の適用をスムーズにするために、事故証明が必要なことは理解できますが、事故による違反点数のことを考えた場合「人身事故証明書入手不能理由書」で済ませた方がいいと考える人もいるかも知れません。, しかし、たとえ駐車場などの私有地内での事故であっても、人身事故となると、警察への届け出の義務が発生するのです。, しかし、たとえ私有地内であったとしても、人を死傷させてしまったという重大な事実があるわけですから、点数制度とは別の判断基準により免許停止や免許取り消しなどの行政処分が科されることになります。, たとえば、負傷者が治療に要する期間が15日以上30日未満である場合には、30日以上の免停ということになります。, いずれにしましても、たとえ駐車場のような私有地内であっても、人身事故を起こしてしまった場合には警察への連絡は絶対に行わなければならない義務ということになるわけです。, どこで起こした事故であっても、人身事故というのは重大な事故であるという認識を常に持つことが大切です。, たとえ駐車場などの私有地内であったとしても、公道と違い人が普通に歩いているということを考えた場合、むしろ公道以上に細心の注意を払った運転をする必要があるといえるでしょう。. 特に、私有地と評価されて道路交通法の適用がない場合、交通事故証明書が発行されません。自賠責保険の適用もありませんし、任意保険に請求するときにも、人身事故証明入手不能理由書などの特殊な書類が必要になることがあります。 コインパーキングやマンションなどの駐車場で交通事故が起こった場合、 1. 交通事故証明書(通称:事故証明)とは、自動車安全運転センター という団体が発行する、交通事故があった事実を公的に証明するための書類です。 事故が発生して警察へ連絡をすると現場確認が行われます。 警察は、事故の概要を「自動車安全運転センター」に通知します*1 自動車安全運転センターは、道路の交通に起因する障害の防止及び運転免許を受けた者等の利便の増進に資することを目的*2として設立された団体で、交通事故証明書の発行も業務の一部となっています。 自動車安全運転センターは、 … 駐車場内の事故は、そもそも「交通事故」では無い などと言われたりしますが、どういうことなのでしょうか? 交通事故は、「道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図り、及び道路の交通に起因する障害の防止に資すること」を目的とする道路交通法の、その第67条2項で「車両等の交通による人の死傷若しくは物の損壊」と定義されている。 広義の意味では鉄道等の交通機関における事故を指すこともあるが、一般的には、道路上で発生した車両同士の事故や、車両対歩行者の事故、車両による器物損壊事故、車両の単独事 … もし駐車場や私有地で当て逃げにあった場合は車両保険の「一般車両保険」プランに加入していれば車両保険から補償され保険会社から修理代が支払われます。また、防犯カメラやドライブレコーダーで相手が特定できれば相手に損害賠償請求ができます。 駐車場内では、道路交通法の適用が無い 2. 先日停車中の車にちょっと触れました。前車の運転手にケガはなく、車の修理を少々することにしました。私は保険を使うことにしました。事故当時お互い忙しくて、警察に事故届ができませんでした。そこで、保険会社は事故証明書が無いと、 このため、駐車場などの私有地で発生した事故は、原則として自賠責保険の支払い対象とならず、交通事故証明書も発行されません。 私有地なら運転免許証がなくても運転できるはず…こう理解している人も多いのでないだろうか。しかし、私有地でも無免許運転ができない場合もあるのだ。教習所などに行く前、試験前の練習だからと軽い気持ちで運転すると違反になるかもしれない。文・塚田 勝弘 交通事故を起こした加害者が飲酒運転をしていた時には、任意保険の損害賠償金が支払われないという都市伝説を見聞きした人がいるのではないでしょうか。 これはある意味では本当のことですが、実は間違いです。 保険金が支払われないのは、飲酒運転をしていた加害者本人にかけられた補償です。飲 … 全ての車は自賠責保険の加入が義務付けられていますが、私有地は公道という理由で、道路交通法が適用されず、人身事故は基本的には補償の対象外とされてしまいます。 To see this page as it is meant to appear, please enable your Javascript! 住まいを守る保険には、火災保険と地震保険があります。 火災保険は、火災のほか、落雷やガス爆発などの破裂・爆発、竜巻などの風災、雹(ひょう)災、雪災、水災、自動車の飛込みなどの衝突・飛来・落下、水漏れ、デモなど騒じょうによる暴行・破壊、盗難といったさまざまなリスクに対応することが可能です。 土砂災害は、大雨によって引き起こされるケースが多く、その場合は、水災として火災保険の対象になります。 各損害保険会社が取り扱っている火災保険は、基本補償に水災補償が含まれて … スポンサーリンク