この記事は「スーパーの駐車場で移動販売をする」ための記事ではありません。出店場所を探している方はこちらの「出店場所を探すためのノウハウ記事」をご覧ください。 スーパーマーケットを移動販売で行う方のために、必要な準備や移動販売スーパーの流行などをまとめました。 開業時に必要な資金 車両購入費(基本は2駆at、4駆の場合は変動)330~350万円食品衛生責任者養成講習会・受講費(各自治体により変動)4,000円食品関係・営業許可申請費(各自治体により変動)3万円諸雑費6万円合計340~360万円 販売パートナー収支シミュレーション 週6日(月25日)稼働の場合 2020/11/07 アルバイト従業員、募集中!; 2020/10/06 テレビにて特集されます。; 2020/06/22 大塚製薬様とのコラボ(? )開始! 2020/04/26 4月もメディアに掲載されています!; 2020/03/14 1~3月もメディア紹介が続いています! 移動販売に使う車は、 1. 移動販売車を使ってキッチンカー事業を行う場合は各地区の保健所で許可を取っていく必要があり、特に魚や野菜など生物を扱う際は、注意が必要です。また食品以外の雑貨、花、服など場合には、どんな法律が関わってくるのか?移動販売車の許可に関してこの記事を読めば一安心! ここでは保健所の許可申請についてお話しさせていただきます。 『許可申請場所について 保健所の許可条件は日本全国一律ではありません。各都道府県の保健所により許可条件はまちまちですので、自分の営業したい地域それぞれの保健所に許可申請をすることになります。 移動販売を行うためには営業許可を取る必要があります。営業許可は移動販売を行う管轄の保健所から取得しなければなりません。また、仕込み場所も保健所の許可が必要になります。移動販売をどこで行うのか、事前に決めておきましょう。 営業許可; 食品衛生責任者の資格; 道路使用許可(※公道に停めて販売する場合) 必要書類. こちらはシブヤの初めて移動スーパーを行う方へのページになります。シブヤコーポレーションは移動販売車ビジネスのプロです。コンサルティングから車両制作まで、蓄積した独自のノウハウでお客様のビジネスをサポート致します。tel:076-291-3339までお気軽にご相談ください。 施設基準とは営業を行うにあたって施設に最低限必要な構造、設備を定めたものです。 この基準には共通基準と業種別基準があります。 →共通基準についてはこちら(業種別基準については当係までお問い合わせください) 施設工事の際には、着工前に一度図面を持参の上、当係まで御相談ください。 移動販売で営業するメリットとは? 移動販売による開業のメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。 開業資金が少なくて済む 場所を簡単に移動できる イベントなどに出店することも容易 移動スーパー自体は古くからある業種だが、食品スーパーや総合スーパーの増加により逆に移動スーパーは一時激減していた。ところが少子高齢化社会を迎え、買い物弱者が増えるとともに再び脚光を浴びるようになった。また、東日本大震災などの際にも注目され、災害対策としても大きな意義が認め … 移動販売はワゴンなど乗り物を活用して商売をしますが、食品営業自動車と食品移動自動車の違いを理解した上で、どの乗り物を活用するか判断することが大切です。どちらを選択するかによって取得しなければならない営業許可の種類が異なります。 移動販売車の製作・改造なら眞空(まくう)カンパニーにお任せください。自社で10年以上、移動販売を6台運営する経験と知識で、オーナー様のご要望に応え現場目線で提案します。すぐに開業できる中古車まで取り揃え、全国納車対応でお客様に喜ばれています。 移動販売 スーパー 許可に関する独立、開業フランチャイズ、募集(fc)情報。アントレは株式会社アントレが運営する独立、開業、フランチャイズの情報サイトです 食料品等販売業(自動車) ※条例許可業種: 営業車内で取り扱う食品は、あらかじめ包装されたものに限ること。 営業車内での調理加工は行わないこと。 乳類販売業(自動車) ※法許可業種: 食肉販売業(自動車) ※法許可業種: 魚介類販売業(自動車) キッチンカー体験を楽しんでもらうために キッチンカーや移動販売を初めてやる人の共通の問題が、準備に時間をとられすぎて売上があまり上がらなかった。ということです。 そこで、私たちの方で何を準備するべきか事前にお伝えさせていただきますので、遅れないように準備をしてみてください。 そして、できるだけ多くの時間をどうやって楽しむか、お客様が何を望んでいるかを考えて試行錯誤する時間に当てていただきたいと思い…, 移動販売車のパッケージ製作の金額などの詳細を、移動販売車の製作の紹介ページにまとめてあります。ぜひ、ご覧ください。 移動販売車の製作の詳細はこちら 移動販売車の製作する時の3つのポイント 1、製作費用の相見積もりの取り方 移動販売車は安くても200万円前後と高額な買い物になります。また、Amazonや楽天で購入できるものでもないので少し頑張っていただいて、製作費用の見積もりを数社取っていただくのが…, キッチンカーでできるお店特集 キッチンカーや移動販売車でランチを出したり、ご飯を販売したりと、一体、キッチンカーではどんなお店ができるのかを事例を紹介するカテゴリーになります。キッチンカーはやってみたいけどどのようなお店を出店してみたいのか決まっていない人や、どのような食べ物を扱いたいかまだ定まっていない人に事例を参考にしてもらいたいです。 お店の決め方は主に2つあります。 1つ目:自分がやりたい…, キッチンカー(移動販売車)の車種 キッチンカーや移動販売車にはどんな車種があるかご存知でしょうか? ・軽バン ・軽トラック ・ワンボックスバン ・ライトエース ・タウンエース ・クイックデリバリーショート ・クイックデリバリーロング などです。これらの種類についても少しずつ説明記事を追加していきたいと思います。楽しみにしていください。, 「はじめてのキッチンカーレンタル」では、キッチンカーをやる時に課題になることを一つ一つサポートしていければと思っています。, 移動販売の開業支援をお探しの方は以下の各ページを参考にしてください。 移動販売を開業する時にはいくつかのステップがあります。開業するときは何かとハードルを感じるかもしれませんが、一つ一つクリアしていくことで確実に開業はできますので、取り組んでみてください。 このページでは移動販売の開業でつまづきやすいポイントについて、重点的にサポートする情報を提供しています。 キッチンカー(移動販売)の試食見学会…, キッチンカー(移動販売車)のレンタルを検討している方はこちらのページに掲載されているキッチンカー(移動販売車)をご覧ください。 また、掲載されている車種以外にも、「アーバンサポーター」「ハイゼット」「サンバー」「ハイゼットDX」「クリッパー」なども取り揃えておりますので、レンタルをご希望の方は、お気軽に空き状況などご連絡ください。 商品もほぼどれでも扱える状況にはしておりますので、ご安心くださいま…, キッチンカーワンポイントアドバイス キッチンカーに関するワンポイントレッスンを掲載させていただきます。キッチンカー、移動販売車、などをやってみたいけど、なかなか手が出ないという人に向けたワンポイントレッスンになります。 ここまでは、 ・調理設備 ・出店場所 ・経費 ・セールスツール ・オペレーション などのワンポイントアドバイスを掲載しております。ここからも、他のノウハウやキッチンカーをやりやすく…, キッチンカー・移動スーパーの先輩訪問:新鮮な食材を移動販売車に積み込み、買物不便地域を巡回する「マツゲン生鮮移動スーパー」, 管理人達のことば はじめてのキッチンカーレンタルの管理人達の思いや、人となり、面白いと思った記事をここに書かせていただきます。管理人は以下の3人です。 ・銭湯シェアハウスを運営するまーくん 3代目清水湯を継ぎつつ時代の流れで、銭湯とシェアハウスを合体させた「銭湯シェアハウス」を運営すると、share!share!share!など多数メディアに取材を受けるなど話題になっている人です。奥さんのことちゃ…, こちらでは、移動販売車(キッチンカー)を売却したい方の情報を掲載しています。良い移動販売車(キッチンカー)から先に売れていきますので、お早めにお選びいただければと思います。 自分の移動販売車(キッチンカー)も売却したいとお思いの方はこちらからご登録いただけます。 移動販売車(キッチンカー)売却登録フォーム, カフェを移動販売で開業するのと、店舗型でカフェを開業する時の違い。(メリットとデメリットのまとめ). 移動スーパー「とくし丸」の事業に興味がある方は説明会を定期的に開催しておりますので、お気軽にお問い合わせください。 販売パートナー募集のご案内はこちら 移動販売をはじめるには、どのような資格や届け出が必要なのでしょうか。本記事では、移動販売のお店を開くときに必要なことや注意しておきたいこと、開業までの流れなどをまとめました。ぜひ参考にしてみてください。 移動販売(キッチンカー)を開業するには、事前に保健所の営業許可が必要になります。 保健所の許可の種類もいくつかあり、またどこで営業する予定かによって保健所の管轄も変わってきますので、きちんと計画を立ててから許可を取るようにしましょう。 移動販売(いどうはんばい、英: mobile catering )は、特定の店舗(固定店舗)を持たない販売形態 。 自動車などで商品を運び常設の店舗以外で販売を行う。 無店舗販売の一種であり行商もこの一種である。. 移動販売の中でも最近注目されているのは、移動スーパーである。移動スーパーとは、昭和の時代に、地方の過疎地域や団地などで多く見られた販売形態である。その後、スーパーマーケットやコンビニの出店増加により移動スーパーの数は大幅に減少した。 しかし、近年、地方都市や限界集落では人口 … 手軽そうに見える移動販売ですが、もちろん無許可での営業はできません。 必要な許可は以下のとおりとなっています。 取得が必要な許可. 仕入れた食品を販売する場合、小分けしたり詰めなおしたりする場合には、食品の種類に応じた、保健所の営業許可が必要になることがあります。 ⇒必ず 施設の所在地を所管する保健所 にご相談ください。 こちらはシブヤの車種のページになります。シブヤコーポレーションは移動販売車ビジネスのプロです。コンサルティングから車両制作まで、蓄積した独自のノウハウでお客様のビジネスをサポート致します。tel:076-291-3339までお気軽にご相談ください。 移動販売とは文字通り、車で商品を運んで移動しながら商売を行う、行商や無店舗販売のひとつです。 しかし、移動販売にもいくつか種類があります。 その種類によっては、起業(開業)方法が異なるだけでなく、移動販売に使用する車種も異なってくるのです。 まずは、移動販売の種類を挙げて、その内容を解説していきます。 営業許可申請書 当サイトではJavaScriptを使用しております。ご利用のブラウザ環境によっては、機能が一部限定される場合があります。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしていただくことにより、より快適にご利用いただけます。, 移動スーパーは、主に自動車で営業するため品揃えは相当絞り込まれる。そのため近年増加が著しい移動コンビニとも営業内容が類似する。, 最大手の株式会社とくし丸のデータなどを参考に、移動スーパーと移動コンビニの市場規模を推計すると、およそ192億円となる。, 移動スーパー自体は古くからある業種だが、食品スーパーや総合スーパーの増加により逆に移動スーパーは一時激減していた。ところが少子高齢化社会を迎え、買い物弱者が増えるとともに再び脚光を浴びるようになった。また、東日本大震災などの際にも注目され、災害対策としても大きな意義が認められている。, これまでは過疎化が進みつつある地域などにおける買い物弱者対策としての営業が多かったが、最近では団地の高齢化などにも対応する形で大都市圏内でも移動スーパーの進出が相次いでおり、市場規模は拡大傾向にある。, 移動スーパーの主要事業者として株式会社とくし丸があり、オイシックス(現オイシックス・ラ・大地株式会社)が親会社となっている。同社は販売パートナー制度をとっており、個人事業主が移動スーパーを営業している。また移動コンビニは既存のFC店オーナーが付加的に開業する仕組みになっており、こちらでも業種のパッケージ化が進んでいる。, 個人が一から車を改造し、仕入先を開拓して開業することはハードルが高かったが、現在は移動スーパー・移動コンビニを開業しやすい環境が整っている。, 軽トラックを改造した車で営業することが通常であり、開業の初期投資が少なくて済むことが大きな特徴である。また顧客との距離が近いため、そのニーズに応え生活を支えているという実感も持ちやすい。, 一方で、採算に乗せるのが簡単な事業ではない。曜日別に15~20分単位で異なる場所に移動して多くの地区の需要を取り込むなど、効率的な営業を行う必要がある。さらに商品積込み作業など、個人事業主として目一杯働くことを喜びにできなければ成り立たない部分もある。, 移動スーパーの主要事業者の販売パートナー制度を利用したり、既存コンビニ店主が移動コンビニを付加したりするタイプである。既存の業種パッケージを利用できるため、開業初期にノウハウを自ら確立する必要がない。, 業種パッケージを利用せずに独自に開業するタイプである。通常は何らかの関連業種の経験がなければ難しい。, 地域社会の要請に応える形で出店したり、国や自治体の買い物弱者対策等の補助金を利用したりするタイプである。上記(1)(2)とも併用可能である。, 以下に東京都の例を簡潔に記載した。保健所等によって所要日数や手続きが異なる場合があるため、必ず所轄の保健所に事前相談する。特に営業許可申請に当たって施設基準を順守する必要がある。, 一般的には道路上や公園での販売許可はおりないケースが多い。そのため私有地の使用許諾を受けたり、地域・団地等の施設・敷地を使用させてもらったりする必要が出てくる。団地などでは集客のための音声が騒音にならないようにする。そのような制約の中で販売効率のあがる場所を選定する。, 個宅の玄関先を回る形で営業する形態もある。歩き回って需要調査を行ったり、挨拶回りを行ったりすることも重要な開業準備とされている。, 移動スーパーの場合には提携先スーパーの品揃えから、移動コンビニの場合にはコンビニの品揃えから選定することになろう。移動スーパーの場合には、生鮮産品や乳類を取扱うことが強みにもなることから、施設上もこれらを取扱える許可を取得することが重要。, 需要調査の結果を踏まえて初期の品揃えは決定するが、実際には営業しながら顧客の要望をきめ細かく聞いて、予約を取ることも含めて積極的に品揃えに反映する。, 一つの事例として、400品目1,200点程度を積み込んで営業する移動スーパーがある。, 前述の手続きに関連して食品衛生責任者資格を取得する必要がある。それ以外にも商売上の工夫や接客スキルが求められる。営業場所の開拓や効率向上のためのルート変更、予約を取ることも含めた積極的な接客、品揃えを改善して顧客ニーズに応えることなどにより、営業を継続していくことができるようになる。, 市場規模推計では日販および営業日を少なめに見たが、ここでは日販12万円、週6日稼働としている。, 損益イメージからも分かる通り、収支の構成はあまり難しいものではない。わずかの固定費のみが負担すべき費用となる。そのため、営業場所の開拓や効率向上のためのルート変更、予約を取ることも含めた積極的な接客、品揃えを改善して顧客ニーズに応えることなどにより売上を伸ばし、売上総利益を増やすことが重要である。, (本シリーズのレポートは作成時時点における情報を元に作成した一般的な内容のものであるため、開業を検討される際には別途、専門家にも相談されることをお勧めします。). 移動販売を始めるにあたり営業許可を取ろうと思っています。もし私が営業許可を取った都道府県以外で営業する場合、そこの都道府県の営業許可も取らないといけないのでしょうか?それとも1つの都道府県で営業許可を取れば他の都道府県で 食品ではなく、雑貨をメインに扱う移動販売店舗も増えつつありますが、大きなメリットの一つとして保健所の許可をとる必要がないということが挙げられます。これから始める人は、仕入れルートの確保やプロモーションも考えましょう。 キッチンカー(移動販売車)でできるお店 2016.03.23 2019.11.07管理者, この記事は「スーパーの駐車場で移動販売をする」ための記事ではありません。出店場所を探している方はこちらの「出店場所を探すためのノウハウ記事」をご覧ください。, スーパーマーケットを移動販売で行う方のために、必要な準備や移動販売スーパーの流行などをまとめました。こちらの記事を読みながら、改めて移動販売スーパーをやりたいかどうか検討いただければと思います!, 「とくし丸」、みなさんも見たり聞いたりしたことがあるのではないでしょうか。東京でも見かける「とくし丸」ははまさに移動スーパーの仕掛け役者。現在社会の問題解決に一役買っている存在なんです。そう、いま移動スーパーが熱いんです!!!, 「とくし丸」は創業者の親が中山間地域で暮らしていたために買い物に不自由していることから買い物難民問題に着目し、移動スーパー事業を立ち上げたのが始まりです。 その後、全国的にフランチャイズ店が増え、過疎地の買い物難民になくてはならないサービスとなっています。都会の住宅地での老人家庭増加が進むこれからは、大都会でのニーズも確実に増えていきます。→とくし丸のHP, 移動スーパーが流行している理由、それには大きな2つの理由があります。 1つ目は「進行する高齢化」。高齢化が進むことによって、高齢世帯鵜が増加し、移動手段が無くなるため買い物に行きにくくなったり、重いものを購入することが困難になります。 2つ目は郊外に大きいショッピングモールなどができてしまったため、最寄りの商店街の閉店が相次ぎ、やはり車などでの移動無しに買い物をすることが難しくなってきているからです。 「買い物弱者」は経済産業省が14年に示した推計で700万人。交通事故防止のために高齢者に運転免許の返納を促す機運が高まるなか、「買い物弱者」は着実に増えているのは間違いありません。 地方においては、さらにこのような買い物難民の問題は深刻化しており、移動スーパーは打開策の一つとして注目が集まっているのです。, 簡単に言えば移動スーパーは、生活に必要な物が手に入る便利屋さんだと思えば良いと思います。それら全てを事業者さんが揃えて、いつも新鮮なものを届けるのが難しいところもあり、「とくし丸」のフランチャイズが成長している背景があります。 フランチャイズの多くはスーパーと販売委託契約を結んで、提携スーパーが取り扱う生鮮食品や生活雑貨等の移動販売を行うところが多いようです。, 既述しましたが、全国的に買い物弱者は増加の一途をたどっており、「とくし丸」を皮切りにいろんな大手企業も移動スーパー業界に参入し始めています。, <http://www.maff.go.jp/j/shokusan/eat/zenkoku_jirei.html>, 例えば、セブンイレブン、ローソンなどの大手コンビニや、JA、地方のスーパーやコープ(生活協同組合)などなど。他にも地域の町おこしとして自治体がキッチンカーの運営を始めたところもあります。, そんな大手企業が参入してくるのであればライバルが多くて大変なのでは?そんな心配をしている人もいるかもしれません。しかし、別に大手と同じサービスを提供する必要はないのです。 固定客の欲しがるものを欲しいと思う時期に提供し、一人一人とのつながりを大切にする、国民的アニメ「サザエさん」にでてくる三河屋さんの「サブちゃん」のようないわゆる『御用聞き』を目指してみてはどうでしょうか。, 小さいながらも、スーパー。生鮮食品や冷凍商品を欠かすことはできません。そこで必須となるのが冷蔵ショーケースと冷凍ストッカーです。いずれも小型のものを車載することになりますが、冷蔵ショーケースが3〜6万円、冷凍ストッカーが3〜12万円といった価格ゾーンです。価格は容量次第です。, そのほか、LED照明付の商品棚、手洗い用流し台も必須。ご用聞き方式での営業では、車が来たことを知らせる放送スピーカーなどの設備も大切となります。これらを稼働させる電源(発電機)にもそれなりの高性能が求められます。, 移動スーパーの製作会社も沢山ありますから、必要な性能や自分に合ったサイズのキッチンカーのイメージの参考にするとよいでしょう。, 装備とは異なるかもしれませんが、当日配送エリアに行きますよとか、30分後に到着しますといったアナウンスをSNSやアプリなどを利用して流すのもうまく取り入れたいですね。, 装備以上の重要ポイントとなるのが、商品の仕入れです。個人で複数の仕入れ先と提携することは不可能ではありませんが、相当な労力が必要です。そこで、移動スーバーのほとんどが行っている「既存のスーパーとの契約に基づく仕入れ(フランチャイズ)」が基本パターンとなります。当然利益率は下がりますが、そのことを含めて経営計画を立てることが大切です。, 地方では道の駅と契約したりする方法もあるようです。都内で地方の野菜を売るなど特色を出すのもよいでしょう。, 品揃えは、どんなエリアで活動するかによって大きく変わります。買い物弱者をサポートする意味での過疎地をめぐる場合は、生活の基本となる食材、生鮮食品や乾物、調味料、レトルト食品、冷凍食品などがベースとなります。日常使用する調理用具や食器なども喜ばれます。, 一方、都市の住宅地の場合は地域の実情次第。地域にコンビニなどがあれば、そのコンビニで扱っている商品との違いを出し、差別化を図ることが大切です。, どのエリアでも水やお米など重いものは重宝されるかもしれませんが、移動スーパーに搭載できる量は決まっていますから、オーダー方式を採用することをお勧めします。, 多数のアイテムを積み込んでの営業となりますので、クルマは大きければ大きいほど利便性が高くなります。といっても、そこは経営の問題。資金面で苦しければ、小型トラックを使い、それに合わせた品揃えを工夫するという方法もあります。, また、山間部の道や都内の住宅街などはUターンや切り返しが難しいところもあるので、そういった意味でも大型が必ずしもよいとは言い切れないでしょう。, 軽トラックタイプで移動スーパーをする場合は商品は約300品目、およそ1000点程度を搭載することができます。積み方などを工夫すればさらに積み込むことが可能なようです。, 和歌山県伊都郡高野町、伊都郡かつらぎ町、有田郡有田川町、橋本市一円で買物不便地域を定期的にまわっている「マツゲン生鮮移動スーパー」さん。その名のとおり、品揃えの中心は鮮魚、精肉などの生鮮食品。手作り惣菜、各種加工食品、日用品もおこたりない品揃え。→HP, キッチンカーを開業する前に、キッチンカーを見学しながら、キッチンカーの開業や運営について質問してみませんか!?, 1月9日(土)14時30分~18時 in 東京 1月13日(水)10時~13時30分 in 東京 1月13日(水)14時30分~18時 in 東京 1月14日(木)10時~13時30分 in 名古屋 1月14日(木)14時30分~18時 in 名古屋 1月21日(木)10時~13時30分 in 大阪 1月21日(木)14時30分~18時 in 大阪, 2020年4月23日に発表され予算終了時点で募集終了になりますので、お早めにご確認ください!, テレビやYouTubeを観るようにキッチンカー開業の動画セミナーを受講しませんか!?, インターネット生放送の動画セミナー参加者限定の、キッチンカーの詳細説明動画が閲覧できます!, 1月9日(土)10時~13時 1月13日(水)10時~13時 1月13日(水)19時~22時, 2019年に中国の武漢で発生した「新型コロナウイルス」がキッチンカー業界に与える影響についてまとめました。, 人々がオフィス外からベッドタウンに移ったことと、巣篭もりをしていることでキッチンカーの役割に変化が起こっています。. また移動販売での販売内容によっても設備と営業許可の種類は違います。 自動車による営業の種類は大きく2つに分かれています。 ・販売業・・・車内に設備があり、移動して食品を販売する。 (移動コンビニ、移動スーパー等) 食品移動自動車 の2種類です。 注意しておきたいのは、移動販売では、保健所からの許可は車に対して出されますが、これは各自治体で取得する必要があるということ。例えば新宿区で営業許可を取ったからといって、八王子市で販売を行うことはできません。――これは保健所の管轄が異なるためです。 ランチタイムのオフィス街の一角で、派手なカラーリングを施したバンやワゴン車で、お弁当を販売しているシーンを見かけたことがある方もいるのでは?このように、軽自動車や小型のバンを改造して、商品を販売しているのが移動販売です。 扱う商材はお弁当や調理パンのほか、ホットドッグやハンバーガーなどのファストフード、タピオカドリンクやクレープといったスイーツを扱うお店も人気。 こうした移動販売には、固定店舗とは異なるさまざまなメリットがあり、始める人が増えているともい … ©Copyright2021 はじめてのキッチンカー(移動販売).All Rights Reserved. このパンフレットは、高齢者の移動手段を確保するために必要となる福 祉や交通の制度、事業モデルについて解説したものです。 自家用有償運送や「許可・登録を要しない輸送」など、さまざまなしくみ について、事業モデルと合わせて紹介しています。 移動販売車は、取り扱う商品の品目や販売形式に合わせて改造する必要があります。クレープやサンドイッチなど、注文を受けてから簡単な調理をして提供するのであれば、盛りつけるスペースが車内に必要です。具材を保存する冷蔵庫も必要です。ホットドッグのように具材に火を通したりパンを温める必要があれば、コンロやトースターなどの機材も必要になります。石焼き芋は、熱々のお芋をいつでも提供できるように、 … 移動販売にとって、平日の出店先をどうするか考えておくことは非常に重要です。 1年365日のうち、平日のほうが圧倒的に多いわけですからね。 特に田舎住まいの方が移動販売を専業にするなら、商業施設は欠かせない出店場所になると思います。 移動販売ってどんな準備が必要? 「焼き鳥屋」というと、どんなお店をイメージしますか? 居酒屋はもちろんですが、スーパーなどの駐車場で営業している赤い提灯をぶら下げた移動販売をイメージする方も多いのではないでしょうか? 食品営業自動車 2.