米国都市の人口推移と新しい発展要因 203 れ,1950å¹´ 代の10年間に先進国としてはかなり高い 18.5%を 示したが,次 の10年間には13.3%へ と低下 米国の人口に関する統計データを掲載しています。直近データ、国際ランキング、時系列推移など表示。 äººå£ã¨å›½åˆ¥é †ä½ã‚’掲載しています。国連統計ベース。時系列データは1990-2019年まで収録。 ここから本文です。 第2ç«  人口・世帯 2- 1 人口の推移と将来人口(エクセル:22kb). 2- 5 å¹´é½¢5歳階級別人口(エクセル:16kb). 80歳以上の人口も、2019年の1億4,300万人から2050年には4億2,600万人へと、3倍に増えることが予測されます。 生産年齢人口の割合低下が社会保障制度に圧力. この予測からは米国の人口構造の 特徴として、「人口増加率の低下」と 「多様化」、「高齢化」の3 点が指摘 された。同予測によれば年間人口増 加率は2012 年から2027 年の期間は 0.7%台であるが、2028 年から2034 年には0.6%台に、さらに2035 年か 2010年から2060年までをみると、高齢人口は約516万人増加(後期高齢人口は約917万人増加するのに対し、前期高齢人口は約401万人減 少)する一方、生産年齢人口は約3,756万人、年少人口は約893万人減少する見通し。 人口の推移と将来推計(年齢層別) ±åˆ»ãªå±±é–“農業地域においては、今後30年間で人口が半減し、過半が65歳以上の高齢者になると見込まれます(図1)。 図1 農業地域類型別の人口推移と将来予測 ... 次世代エコカーの生産台数推移(2030年予測) (102) 2) 全生産台数に占める次世代エコカーの割合(2030年予測) 2010年から2050年までの40年間で人口は30億人増加するが、増加分はほぼ全てが新興国によるもの(先進国は40年で約0.5億人の増加にとどまる) 2- 4 年齢各歳別人口(エクセル:15kb). äººå£ã¯ç´„3 億1,856 万人であり、このうち 14.5%(約4,618 万人)が65 歳以上、6.2%(約1,983 万人)が75 歳以上である1。これは、日本の時期 労働年齢人口の65歳以上人口に対する割合を示す潜在扶養指数は、全世界で低下を続けています。 アメリカの人口推移は増加傾向にあり、2050年代には4億人を超えるとの予測です。日本と同様、出生率は「2」を下回っていますが、中南米~ヒスパニック系を中心に多くの移民を受け入れる事が、人口が増加すると見込まれる理由です。 2- 2 都道府県別人口と人口増減率(エクセル:16kb). žï¼Œã‚¢ã‚¸ã‚¢(日本含む)等の自動車市場(2030年予測) (9) 4. から回復し、概ね堅調に推移している。米国 は人口増加社会であること、特に、住宅の一次取得者層の人口が増加することが予測さ れることから、住宅投資がトレンドとして安定的に推移する素地があると考えられる。 国際ビル6F アクセスマップ 電話:(03)3595-2984 / Fax:(03)3591-4816 国連のデータによると、アメリカの人口は、1990年が2億5253万人、2000年が2億8198万人、2010年が3億864万人、2015年が3億1992万人と増加し続けている。合計特殊出生率を見てみると、2016年で「1.82」となっている。 2人から生まれる子の数が「1.82」ということは、出生による自然増だけでは人口は減っていくことになる。なぜ人口が増えているかというと、他国からの移民を積極的に受け入れてきたからだ。 一 … 2016年→2030年→2050年の世界gdp予測ランキングと人口構成ピラミッドを各国で比較して老後資産に最適な国を予想した 〔世界人口の推移〕 上記は世界人口の推移について表したものである。 2019年における世界人口は、77億1,500万人であり、世界人口は今後も増え続け、 2030年で85億5,100万人、2035年で88億9,300万人と予測 … Šú„ˆÚi‰ß‹Ž50”Nj, ƒCƒMƒŠƒX‚Ì–fˆÕ‘ŠŽè‘‚ÆŠ„‡i—AoE—A“ü•Êj, 4‘åƒ}ƒ“ƒKŽGŽi­”NƒWƒƒƒ“ƒv‚Ȃǁj‚Ì”­s•””„ˆÚ, ‘å’nkik“x5ˆÈãj‚Ì—]kE‘Ok‚ÌŠÔŠu‚Æ‚»‚Ì–@‘¥‚Ì’²¸Œ‹‰Ê. 2- 3 都市別人口(エクセル:47kb). žãƒ»ä¸»è¦éƒ½å¸‚の10年ごとの国勢調査人口データと解説です。 近年、南部・西部のいわゆるサンベルト地帯で人口が増加している傾向が分かります。 としては、2つの点が目立っている。 第1に、日本ほど末すぼまりになっておらず、若年層がかなり確保されている点が目立っている。 世界の人口はどう推移する?2050年には97億人、2100年には110億人へー未来人口予測(2019年版) 2019.07.26 これからの社会がどうなるかを考える時に、重要な指標となるのが「人口」です。 アメリカは、先進国の中でも「人口が増え続けている」数少ない国だ。人口は3億人を超えている。人口と経済とはどのような関係があるのだろうか。また、米国経済は今後も拡大していくのだろうか。, 国連のデータによると、アメリカの人口は、1990年が2億5253万人、2000年が2億8198万人、2010年が3億864万人、2015年が3億1992万人と増加し続けている。合計特殊出生率を見てみると、2016年で「1.82」となっている。, 2人から生まれる子の数が「1.82」ということは、出生による自然増だけでは人口は減っていくことになる。なぜ人口が増えているかというと、他国からの移民を積極的に受け入れてきたからだ。, 一般的に人口の増加は、経済の成長につながると考えられている。人が増えれば、衣食住の需要が高まり、消費も増えるからだ。また、労働力の増加は、その国の生産力を高めることになるので、経済の成長につながるといえる。, アメリカが国籍の「出生地主義」を採用していることもポイントだ。両親が外国人でもアメリカで出産すれば、その子はアメリカ国籍を取得できる。そのため、アジア圏の富裕層は出産間近になると、アメリカに旅行し、現地で出産しようとするケースもある。, このようにアメリカ国籍を取得したいと思う人が多いのは、やはり将来的にも経済が成長すると見込んでいる人が多いということだろう。総務省統計局の「世界の統計2018」によれば、アメリカの人口は、2030年には人口3.5億人、2050年には3.8億人を超える見込みだ。, 一寸先は闇ではあるものの、人口統計という信頼性が高いファクトを元に考えれば、今後、数十年に渡って、米国経済は堅調に推移するのではないかと思われる。, 米国経済全体の見通しが明るいと言っても、広い国土を持つアメリカでは、地域によって濃淡がある。地域ごとの景況感を推し量るひとつのヒントが、毎月発表される地域別(50州別)失業率だ。2018年4月20日に発表された3月データによると、失業率が最も低いのがハワイ州(2.1%)だ。, 2018年5月4日の雇用統計で発表された全米平均の失業率が3.9%であるので、ハワイ州は全米平均の半分近くの水準だ。失業率だけで地域経済を語れるわけではないが、一般的に需給がタイトな地域は、ヒト、モノ、サービスが集まり、経済が活性化する。賃金増加を背景とした消費の増大が見込めるため、商業施設も集まってきやすく、地価の値上がりも期待できるだろう。, 日本人が資産運用の観点から、アメリカの更なる経済成長の恩恵を受けるためにはどうすれば良いのだろうか。ひとつのアイディアが、特に経済が活況なハワイに不動産を持つことだ。ハワイ(オアフ島)の不動産価値は、あのリーマンショック時でも7%の下落に留まった。このようなデータからもハワイが持つ資産価値が垣間見れる。, ハワイ不動産の購入は、言葉や土地勘の観点から、信頼できるパートナー選びが重要だ。そのようななか、270年以上の歴史を持つ世界最古のオークションハウス「サザビーズ」に起源を持ち、グローバル規模で事業を展開している富裕層向けサービスと聞けば、信頼できると感じる人が多いのではないだろうか。, それが世界69の国と地域、950のオフィス、22,000人以上の世界最大級のネットワークを構築している世界的な高級不動産仲介ブランド「サザビーズ インターナショナル リアルティ®」だ。日本市場においては「リスト サザビーズ インターナショナル リアルティ」というサービスブランドを展開している。, もちろん顧客の多くは日本人富裕層であり、初めて海外不動産投資を検討する顧客から限られたハイエンドな顧客まで幅広い層へ、顧客のニーズに合わせた選りすぐったハワイ不動産を提供している。この機会に一度、相談してみてはいかがだろうか。, 銀行預金を大きく上回る利回りが魅力!知っておきたい融資型クラウドファンディングという選択肢, 「NISA口座の金融機関を変更したい」注意点や手続きとは?つみたてNISAに変更する方法も解説, デイトレードするならどの証券会社?各証券会社のデイトレ向けサービス・選び方を徹底紹介!, プロミスのコロナ対応はどうなっているの?他の消費者金融の対応は?緊急融資拡大はある?. と共に人口も増加してきて、1980年代に10億人の大台を突破したという歴史を辿りました。 ところで、国立社会保障・人口問題研究所の予測によれば、2010年以降10年ごと 2050年までの65歳以上の人口割合は、以下のとおりとなっている。 表1.1.2 65歳以上の人口割合の年次推移(予測) 65歳以上 予測式 年次 人口の割合 y = ax + b