メタクリル酸メチル: 別名: 2-メチルアクリル酸メチル メタクリル酸メチル 2-メチルプロペン酸メチル: 濃度又は濃度範囲: 100% 分子式 (分子量) c 5 h 8 o 2 (100.12) 化学特性 (示性式又は構造式) cas番号: 80-62-6: 官報公示整理番号 (化審法) 2-1036: 官報公示整理番号 (安衛法) 情報なし メタクリル酸メチル(mma)は、主に、ポリmma 合成、アクリル樹脂の合成として使 用されている。表1-1 にmma の物理化学的性質と有害性gms 情報を要約した。mma の 有害性ghs 分類では、標的臓器・全身毒性が呼吸器と中枢神経系をエンドポイントとして Jouranal of Applied Toxicology, 3(6) 272 (1983). メタクリル酸メチル (メチルメタクリレート,2-メチルプロペン酸) CH2=C(CH3)COOCH3 許容濃度 2 ppm, 感作性物質 皮膚:第2群,気道:第2群 1.物理化学的性質 メタクリル酸メチルは分子量100.12,融点 -48℃, 沸点100.5℃,比重0.94(20℃/4℃の水),飽和蒸気圧 メタクリル酸メチルは、常温で無色透明の液体で、揮発性物質です。主に合成樹脂の原料とし て使われ、メタクリル樹脂をはじめ、塗料樹脂や透明 abs 樹脂などの原料のほか、樹脂改質剤の 原料、紙のコーティング剤、繊維加工剤、接着剤として使われています。これらの用途以外には、 物質名検索 製品名検索 型式検索 cas番号検索 注目キーワード: スモークテスタセット 硫化水素 ホルムアルデヒド アンモニア メルカプタン. メタクリル酸メチルは重合条件をいろいろ変化させることによって, いろいろ異なった立体構造を有する重合体が得られる。著者らは, 重合体の立体構造と熱的な性質の関係を検討するため, ここではメタクリル酸メチルについて, 重合条件をいろいろ変えて, いろいろな立体構造を有するポリメタクリル酸メチルを合成し, 得られたポリメタクリル酸メチルについて, 立体構造と熱変形温度および流動温度との関 … メタクリル酸メチルクロスポリマーとは?効果・効能や安全性について解説 ここ10年の間に、メイクアップ化粧品の成分として使われる機会が増えたのが、メタクリル酸メチルクロスポリマーという成分です。使われる化粧品の性質上、赤ち […] ポリメタクリル酸メチルは、充填剤としてプレストパウダーに混合することで粒子の接触点が増加することから引っ張り破断に強くなり (文献5:2001) 、その結果として製品の割れを防ぐことから (文献4:-) 、プレストパウダー製品に使用されています。 アクリル樹脂の一種である ポリメタクリル酸メチル をジメタクリル酸エチレングリコールで架橋 (∗1) した共重合体 (∗2) の微粒子です。 ‚ׂ«ŠëŒ¯—LŠQ•¨i–@‘æ57ðAŽ{s—ß‘æ18ð•Ê•\‘æ9j, 14) “ú–{‰»Šw•¨Ž¿ˆÀ‘SEî•ñƒZƒ“ƒ^[u‰»R–@Šù‘¶‰»Šw•¨Ž¿ˆÀ‘S«“_ŒŸƒf[ƒ^Wv, 15) ‰»Šw•¨Ž¿‚̊댯E—LŠQ«•Ö——@’†‰›ÐŠQ–hŽ~‹¦‰ï@(1992), 17) “ú‰»‹¦u‹Ù‹}Žž‰ž‹}‘[’uŽwjA—eŠíƒCƒGƒ[ƒJ[ƒhiƒ‰ƒxƒ‹•ûŽ®jv, 18) “ú‰»‹¦u‰»Šw•¨Ž¿–@‹K§ŒŸõƒVƒXƒeƒ€viCD-ROMj (2005), 19) “ú–{ƒPƒ~ƒJƒ‹ƒf[ƒ^ƒx[ƒXiŠ”ju‰»Šw•i‘‡ƒf[ƒ^ƒx[ƒXvi2005), 20) Amoore,J.E. メタクリル酸メチル(—さん—、methyl methacrylate、略称 MMA)は、有機化合物の一種で、メタクリル酸のメチルエステルにあたる。主にメタクリル酸メチル樹脂(PMMA、アクリル樹脂の代表例)を製造するための原料モノマーとして用いられる。消防法による第4類危険物 第1石油類に該当する[1]。, 工業的に用いられる主な製造法ではアセトンとシアン化水素(青酸)を原料とし、アセトンシアンヒドリンを中間体とする。この手法ではメタクリル酸メチルのほかに硫酸アンモニウムが副産する(ACH法)。, 新しい手法では、エチレンにメタノール、一酸化炭素を付加させてプロピオン酸メチルとし、ホルムアルデヒドと脱水縮合させてメタクリル酸メチルを得る。, メタクリル酸メチルだけを重合させたポリマーがアクリル樹脂の代表例であるメタクリル酸メチル樹脂で、ガラスの代替に用いられるほど透明性の高いプラスチックの代表例である。, メタクリル酸メチル、ブタジエン、スチレンの共重合で得られるMBS樹脂は、ポリ塩化ビニル (PVC) の改質剤として用いられる。, SMM樹脂は、PMMAに添加し相溶させると、特性を損なわずに耐熱性を向上させる改質剤となり、自動車のメーターパネル、光学フィルム、発光ダイオード用レンズなどに利用される[2]。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=メタクリル酸メチル&oldid=77476999. メチルメタクリレートはメタクリル酸メチルの別名です。 メタクリル酸メチルで再検索する; 製品検索. 320.420.メタクリル酸メチル 1191 健康影響 毒 性 ほ乳動物を使った実験では、感作性が報告されています2)。また、平均50 ppm(208 mg/m3) の濃度のメタクリル酸メチルを含む空気を長期にわたって吸入した作業者に、中程度の気道閉塞 メタクリル酸メチル 149. 耐薬品性や耐油性は比較的良好ですが、シンナーやベンジン等の有機溶剤には侵されます。. メタクリル酸メチル;500ppm以下 乾燥減量 乾燥減量試験法 6.0%以下 強熱残分 強熱残分試験法 0.5%以下 3. 物質名検索 製品名検索 型式検索 CAS 文献「ポリ(メタクリル酸メチル)の物理的性質の立体微細構造に基づく機構 1 空間電荷挙動と物理的エイジング」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。 新規メタクリル酸メチル ... (MeOH)の液相カルボメトキシ化反応によるプロピオン酸メチル(MeP)合成と(2) Cs/SiO 2 固 体塩基触媒を用いるMeP とホルムアルデヒド(HCHO)の気相アルドール縮合反応によるMMA 合 成の2 段階の触媒反応から成るプロセスである(図2).前段反応では,好 … メタクリル酸メチル 149; 短時間用検知管について; 短時間用検知管個別仕様の見方; 製品検索. 使用環境温度の比較 連続耐熱温度. 性質にいかに作用するかについて研究成果をまとめたものである。第1章では本 研究の背景と目的を述べている。第2章および第3章ではそれぞれメタクリル酸 多分岐アルキルエステルで修飾した系の物性、およびポリジメチルシロキサン (pdms)との相溶性を論じている。第4 メタクリル酸メチル(—さん—、methyl methacrylate、略称 MMA)は、有機化合物の一種で、メタクリル酸のメチルエステルにあたる。主にメタクリル酸メチル樹脂(PMMA、アクリル樹脂の代表例)を製造するための原料モノマーとして用いられる。消防法による第4類危険物 第1石油類に該当する 。 メタクリル酸 Methacrylic Acid: 示性式 : 品質規格と標準品質 規格 標準; 色数 (APHA) 30以下: 5以下: 比重(20°C/4°C ) 1.012~1.018: 1.015: 単量体(GC法) % 98.5以上: 99.9: 水分(KF法) % 0.3以下: 0.01: 重合防止剤 ppm: MEHQ250: 一般的性質. 測定範囲 : 10~500 ppm、目盛範囲 : 10~200 ppm この検知管で測定できる他のガス : イソチオシアン酸アリル . 検知管を探す. and Haulata,E. メタクリル酸メチル(Methyl methacrylate) 別名: MMA: 化学式: C 5 H 8 O 2: 化学特性(化学式又は構造式): CAS番号: 80-62-6: 官報公示整理番号(化審法・安衛法): (2)-1036: 分類に寄与する不純物及び安定化添加物: 安定剤(ハイドロキノン、モノメチルエーテル10ppm) 「メタクリル酸メチル, モノマー」。富士フイルム和光純薬株式会社は、試験研究用試薬・抗体の製造販売および各種受託サービスを行っています。先端技術の研究から、ライフサイエンス関連、有機合成用や環境測定用試薬まで、幅広い分野で多種多様なニーズに応えています。 アクリル酸メチル 78.1 液 体 固 体 メタクリル酸メチル57.1 液 体 固 体 酢酸ビニル 89.5 液 体 固 体 (高分子学会編,高分子工学講座3 c 機械的特性については、引張強さをはじめ、耐衝撃性に優れている材料です。. 評価:★★★★★ アクリル樹脂の連続耐熱温度は約60~87度ぐらいです。汎用樹脂であるアクリル樹脂は、連続耐熱温度について低い部類であり、難燃性等も通常付与されていません。